検索
  • Kubota

暖冬のはずでしたが..


【1月22日号】

暖冬のはずでしたが、ここにきて急に寒くなりました。今週末には数十年ぶりという寒波が来ると言われています。セルバチコの収穫がもうすぐ出来そうな畑があるのですが、冷え込みが続くと伸びも停滞してしまうかもしれません。 

 1月も20日を過ぎ、仕事は落ち着きを取り戻しました。一部の商品については引き続き状況が悪いものがありますが、新しく植え替えを行ったり苗を作ったりして、新しいシーズンに向けての作業をおこなっています。今年は花付ズッキーニや丸ズッキーニはお休みすることになりますが、その分、黄色インゲンの最初の面積を広げることが出来そうです。冷え込みの厳しい時期ですが、黄色インゲンの種まきを行いました。夜でも25℃を保つことが出来る育苗器に入れて、発芽率を高めます。種まきから2週間後、今度はハウスに植え付けます。インゲンにとってはまだまだ寒いので、ハウスの中にもう一つ小さいハウスをを作り、その中に植えます。収穫予定は4月なのでかなり先ですが、うまくいくといいですね。今のところ発芽の状態はいいのでひと安心です。 

 ところで、昨日は福岡の調理師専門学校の生徒さんの研修を受け入れました。今年でもう4年になるでしょう。今年も元気いっぱいの若者が来てくれて、畑もにぎやかになりました。2班に分かれてハウスや畑に入り、野菜栽培の基本的なことを説明します。その時には畑にあるものは何でも食べてもらうよう勧めます。なので野菜の紹介は試食会みたいになります。試食用の野菜は生徒さん達に切ってもらうようにしたのでとても楽になりました。「あっめー!」や「にがっ」など今風の言葉が出てなかなか盛り上がります。雨が降ったり風が強かったりで、回るコースや説明場所を確保したり準備は少し必要ですが、生徒さん達の反応を見ていると、受け入れてよかったなと思います。食べた野菜やハーブの特徴をどこかでまた思い出してもらって、この研修が何か役に立ったらいいですね。


0回の閲覧

 

有限会社 久保田農園

819-1304 福岡県糸島市志摩桜井5124・www.kubotafarms.com 

Copyright © 2016 Kubota Farms, Ltd.  All Rights Reserved. このサイトの全ての内容(デザイン、写真、文を含む)の著者権は有限会社久保田農園にあります。