検索
  • Kubota

20年前に行ったアメリカ農場研修


先日東京に行ってきました。羽田に着くと家からメールが次々に入ってきます。「無事に着きましたか?」それで知らされることになったのですが、僕が羽田空港を出た直後に、大韓航空機の火災で大変な事態になっていたんです。1本遅い便にしていたら、羽田には降りられなかったかもしれませんでした。

 東京の目的の一つは、20年前に行ったアメリカ農場研修の同期会でした。久しぶりの顔が集い、短い時間でしたが大変盛り上がりました。農場研修OBと言っても、現在は農業とは関係のない仕事をしてる人が多く、数人いる農業従事者とは仕事の話が尽きませんでした。翌日には青果市場やファーマーズマーケットなどを見て、充実した3日間となりました。取引先様にも大変お世話になり、有難うございました。

 海外農場研修に話を戻しますと、最近は渡航希望者が減っていると聞きます。県からの助成金が無くなったことなども影響はしているのでしょうが、今の若い人や学生にとって、1年もしくは2年の間海外で研修生活を送ることは、時間をかけた割にその成果が出なかったり、帰国してからの就職の出遅れに対する不安があるのでしょうか。でも、今の特に若い人は、なにか生き急いでいるように感じます。社会に急かされているといったほうがいいのかもしれません。とにかく少し休もうものなら、「ニート」なんていう名で呼ばれるくらいですからね。  

 先日ラジオで「シェアエコノミー」について話が出ていました。聞いたことあるな、くらいの感じでしたが、身近なところでは「民泊」がそれにあたり、自分の持ち物などが空いている時に、他人に有償で貸す商売の事みたいです。車や空き部屋などちょっとした遊休施設も、それを求めている人とスマホなどが瞬時に結び付けてしまいます。少しでも有効活用し無駄にしないのは良いことかもしれませんが、言い換えると、人生では必要な時間を奪っているように思います。人間は30歳くらいから脳は発達していないらしく、それまでの経験から物事を判断するようになるそうです。是非とも若い人には若いうちにいろいろな経験をしてほしいと思いました。 


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

寒くなりました。

今週はしっかり寒くなりました。あと二日ほど冷え込み、その後来週にかけてまた気温が上がって来るようです。今月の出荷ピークまであと10日あまりです。寒さと共に緊張でピリッと引き締まる日が続いています。 さて、先日のこと。僕が若い頃に行った海外研修制度の、今年度の帰国生報告会に行って来ました。男1名女1名の計2名が22カ月のアメリカ研修より帰国しました。一人はハワイのコーヒー園での研修を報告しており、コ

福岡マラソン2019

表紙写真の怪しい光はなんだかおわかりでしょうか?ピンクのような紫のような、これらの光は植物の成長に有効な赤色や青色の波長を出すLEDの光です。現在の農業用ビニールハウスではそんなにめずらしい傾向ではなくなってきましたね。うちでも今年から使っています。プチリーフやマイクロリーフの栽培で、平置きでは場所が足りなくなったので棚で栽培するようになったのですが、初めから懸念していたとおり、下段の中央付近では

秋の収穫

朝夕はだいぶ冷え込んできましたが、日中はまだ20度に達するほどの陽気が続いています。9月上旬の長雨で露地野菜が出遅れた分をここで取り返したいものですが、やっぱりそうもうまくいきません。野菜を見ているとかなり生育が遅れています。このままいくと今年は満足いく成長は期待できないようです。そんな中、初めて目にする野菜があります。オカです。九重に作っていましたが、ようやく色鮮やかなオカ芋が見えてきました。す

 

有限会社 久保田農園

819-1304 福岡県糸島市志摩桜井5124・www.kubotafarms.com 

Copyright © 2016 Kubota Farms, Ltd.  All Rights Reserved. このサイトの全ての内容(デザイン、写真、文を含む)の著者権は有限会社久保田農園にあります。