検索
  • Kubota

野菜の色も真冬へと


今日から突然季節が真冬になりました!先日まで最高気温が20度くらいあったのですが、これから先の週間天気予報では、もうさすがに20℃なんて日はありません。今までが暖かすぎたということですね。そのためクリスマスに向けて種まきをしていたレッドソレルなどの生育が早すぎやしないか心配になってきました。2,3日早いくらいなら問題ないですが、1週間も早まるとちょっと問題です。これからハウスを涼しめに管理していこうと思います。 

 野菜にも冬の顔ぶれがそろってきております。表紙に載せているツリーケールが出荷できるようになりました。去年は暖冬のため色付きが遅く、クリスマスに間に合わないという痛い経験から、今年は大分で作ってみました。7月下旬に定植してからこれまで順調に育ってきました。 はじめての取り組みで不安でしたが、想像以上の出来になっております。 

 タルディーボも軟白作業に入りました。先日大分の畑で掘り取りを行い、およそ50コンテナを水につけました。 これから3週間くらいで出来上がりとなる予定ですが、ツリーケールとは違ってタルディーボの出来はいまいちなんですよね~・・・。九重の高原地の気温を考えて品種を晩生にしていたのですが、色付きがちょっとギリギリな感じなんです。もしかしたら赤くならないものも出来上がってしまうかもしれません。来年は品種を変えてもう少し色つきの早いものにしようかと思いました。来週は年内出荷分としてもう50コンテナほど掘り起しますので、15日あたりからクリスマスにかけて1,500~2,000本が出来る予定です。これからタルディーボのプールを見に行くのが楽しみです!


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

寒くなりました。

今週はしっかり寒くなりました。あと二日ほど冷え込み、その後来週にかけてまた気温が上がって来るようです。今月の出荷ピークまであと10日あまりです。寒さと共に緊張でピリッと引き締まる日が続いています。 さて、先日のこと。僕が若い頃に行った海外研修制度の、今年度の帰国生報告会に行って来ました。男1名女1名の計2名が22カ月のアメリカ研修より帰国しました。一人はハワイのコーヒー園での研修を報告しており、コ

福岡マラソン2019

表紙写真の怪しい光はなんだかおわかりでしょうか?ピンクのような紫のような、これらの光は植物の成長に有効な赤色や青色の波長を出すLEDの光です。現在の農業用ビニールハウスではそんなにめずらしい傾向ではなくなってきましたね。うちでも今年から使っています。プチリーフやマイクロリーフの栽培で、平置きでは場所が足りなくなったので棚で栽培するようになったのですが、初めから懸念していたとおり、下段の中央付近では

秋の収穫

朝夕はだいぶ冷え込んできましたが、日中はまだ20度に達するほどの陽気が続いています。9月上旬の長雨で露地野菜が出遅れた分をここで取り返したいものですが、やっぱりそうもうまくいきません。野菜を見ているとかなり生育が遅れています。このままいくと今年は満足いく成長は期待できないようです。そんな中、初めて目にする野菜があります。オカです。九重に作っていましたが、ようやく色鮮やかなオカ芋が見えてきました。す

 

有限会社 久保田農園

819-1304 福岡県糸島市志摩桜井5124・www.kubotafarms.com 

Copyright © 2016 Kubota Farms, Ltd.  All Rights Reserved. このサイトの全ての内容(デザイン、写真、文を含む)の著者権は有限会社久保田農園にあります。