検索
  • managerhomepage

空調服・風神


久保田農園では、夏に向けて新しい作業着を導入しました。その名も『空調服・風神』です。薄手のジャンバーの背面下部にファンが2つ付いています。そのファンをバッテリーで回して外気を吸い込み、袖口や襟口から風を出すことで熱を外に逃がします。ファンが回る音がまあまあしますが、4段階の出力調整があり、バッテリーは最大8時間くらいもつようです。ジャンバー自体は軽く薄いので、かなり膨らみ、着ている姿を見ると暑いのに厚着しているかのように見えます。まだ暑くない頃にこれを着て作業してみましたら、寒くて鼻水が出て来ました(笑) 空調服は昨年からいいなと思っていましたが、いざ暑くなる頃には売り切れていました。今年は5月の発売と同時に購入して試していましたので、希望者のみ導入できました。いくつか種類があって、中には既に完売になっているものがあるそうです。やっぱり建設現場などで導入すれば、そりゃすぐに売り切れるでしょうね〜。ただ残念なのはデザイン!女性目線や若者目線といったデザイン性は全くなく、かっこ悪いからちょっとねーなんて言って着るのをためらう人もいるくらいです。作業服専門店『無法松』のTV取材でも放送されていたようですから、今年は『空調服元年』となるかもしれません。そしたらもっとデザイン性の高いオシャレなものが出てくるのかもしれないですね。期待したいです!


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

寒くなりました。

今週はしっかり寒くなりました。あと二日ほど冷え込み、その後来週にかけてまた気温が上がって来るようです。今月の出荷ピークまであと10日あまりです。寒さと共に緊張でピリッと引き締まる日が続いています。 さて、先日のこと。僕が若い頃に行った海外研修制度の、今年度の帰国生報告会に行って来ました。男1名女1名の計2名が22カ月のアメリカ研修より帰国しました。一人はハワイのコーヒー園での研修を報告しており、コ

福岡マラソン2019

表紙写真の怪しい光はなんだかおわかりでしょうか?ピンクのような紫のような、これらの光は植物の成長に有効な赤色や青色の波長を出すLEDの光です。現在の農業用ビニールハウスではそんなにめずらしい傾向ではなくなってきましたね。うちでも今年から使っています。プチリーフやマイクロリーフの栽培で、平置きでは場所が足りなくなったので棚で栽培するようになったのですが、初めから懸念していたとおり、下段の中央付近では

秋の収穫

朝夕はだいぶ冷え込んできましたが、日中はまだ20度に達するほどの陽気が続いています。9月上旬の長雨で露地野菜が出遅れた分をここで取り返したいものですが、やっぱりそうもうまくいきません。野菜を見ているとかなり生育が遅れています。このままいくと今年は満足いく成長は期待できないようです。そんな中、初めて目にする野菜があります。オカです。九重に作っていましたが、ようやく色鮮やかなオカ芋が見えてきました。す

 

有限会社 久保田農園

819-1304 福岡県糸島市志摩桜井5124・www.kubotafarms.com 

Copyright © 2016 Kubota Farms, Ltd.  All Rights Reserved. このサイトの全ての内容(デザイン、写真、文を含む)の著者権は有限会社久保田農園にあります。