検索
  • Kubota

『改善』


 季節外れの思わぬ台風で露地野菜に大きな被害が出ましたが、ようやく天気が安定してきました。今後もしばらくは晴れ間が続くようですので、少しは回復していけばいいなと思います。 

 さて先日のこと、農業関係の勉強会がありました。この時は「作業改善セミナー」で、講師はHP研究所の東澤先生。実はなかなか有名な方で、とにかく元気で早口の関西弁で喋られます。マシンガントークとはこのことかと思わせるしゃべりで、眠くなる暇もありません。時にはお手製のバットのようなもので自分の頭や足を叩いて、この音にも何度も驚かされます。

 肝心の話の内容はズバリ『改善』です。東澤先生について調べさせていただくと、先生は“改善のプロフェッショナル”で日本全国はもちろん、海外にも講演に行かれるほどの方です。とにかく手間をかけずに金をかけずに知恵を出して改善しようということです。先生いわく「改善は手抜きであり、この忙しい時代にムダやどうでもいい事ことをやっていては、時間はいくらあっても足りない、まして残業もできない世の中になっているので、この改善的手抜きが必要だ」ということです。改善には主に『やめる』『減らす』『カエル』があるということ、カエルは代えるや変えるや換えるがあるということでした。その他に『マネる』『パクる』などもあるそうです。パクるはよく聞く話で、このパクるを『TTP』と表記して、TT=徹底的にP=パクると読むという方もいらっしゃいました。 これも面白いですよねー(早速パクらせてもらおう!)

 とにかく改善は小さい事からすぐにやるという事が大事で、その後継続してまた改善、また改善だそうです。最後に一番印象的だったのは、改善が行われない会社の未来はどうなるかというと、人を責める会社になってしまう、ということです。改善が盛んな会社は人を責めずにやり方を追求するようになるそうです。一人一人が小さなことでもアイデアを出して、改善が積み上がっていくと大きな変革が起きそうな期待ができます。本当にいい話を聞けました


1回の閲覧

最新記事

すべて表示

寒くなりました。

今週はしっかり寒くなりました。あと二日ほど冷え込み、その後来週にかけてまた気温が上がって来るようです。今月の出荷ピークまであと10日あまりです。寒さと共に緊張でピリッと引き締まる日が続いています。 さて、先日のこと。僕が若い頃に行った海外研修制度の、今年度の帰国生報告会に行って来ました。男1名女1名の計2名が22カ月のアメリカ研修より帰国しました。一人はハワイのコーヒー園での研修を報告しており、コ

福岡マラソン2019

表紙写真の怪しい光はなんだかおわかりでしょうか?ピンクのような紫のような、これらの光は植物の成長に有効な赤色や青色の波長を出すLEDの光です。現在の農業用ビニールハウスではそんなにめずらしい傾向ではなくなってきましたね。うちでも今年から使っています。プチリーフやマイクロリーフの栽培で、平置きでは場所が足りなくなったので棚で栽培するようになったのですが、初めから懸念していたとおり、下段の中央付近では

秋の収穫

朝夕はだいぶ冷え込んできましたが、日中はまだ20度に達するほどの陽気が続いています。9月上旬の長雨で露地野菜が出遅れた分をここで取り返したいものですが、やっぱりそうもうまくいきません。野菜を見ているとかなり生育が遅れています。このままいくと今年は満足いく成長は期待できないようです。そんな中、初めて目にする野菜があります。オカです。九重に作っていましたが、ようやく色鮮やかなオカ芋が見えてきました。す

 

有限会社 久保田農園

819-1304 福岡県糸島市志摩桜井5124・www.kubotafarms.com 

Copyright © 2016 Kubota Farms, Ltd.  All Rights Reserved. このサイトの全ての内容(デザイン、写真、文を含む)の著者権は有限会社久保田農園にあります。