検索
  • Kubota

【オランダ・フランス視察報告第二弾】


今回はついにマイクログリーンの雄、コパートクレス社です。会社に着いてすぐ目に入って来たのは、社旗とともに掲げられていた日の丸。これだけでなんだか熱い歓迎を受けているようで、みんな素直に喜んでいました。会社の建物はとてもおしゃれで、落ち着いた色使いでセンスの良さを感じさせます。中に入ってもまたおしゃれな会議室で、そこで説明を受けました。案内は社長の息子Jensさん、そして社長夫人。コパート社もその前に行ったランジス社も大きな会社ですが、基本は家族が協力してやっているところがなんともいいなぁと思います。(歳は聞きませんでしたが、若いのかな?)息子のJensさんの説明を、傍で社長夫人が少し心配そうに聞いていて、時々優しく説明を加えてくれます。いつかのささやき女将的な感でした。

 会社の歴史などを説明してもらい、いろいろな刺激のあるサンプルを提供してくれました。さすがに僕はほとんど知っているものばかりでしたが、視察団の中の初めて見る人には大変な驚きで、結構盛り上がっていました。彼らの説明の中で強く印象に残ったのは、「農産物というものにおいて、“作り”にではなく、『“美”という価値の提案』を追求している」という事でした。その理念から、会社にあるすべてのものがアーティスティックなんです!会議室の隣には、テストキッチンがあって、初めて見る派手~なキッチンで、そのメーカーは「Molteni」というキッチン界のフェラーリ!らしいです。その他、社員食堂や通路なんかも何かのアトラクションみたいな感じです。過去には花で作ったドレスのファッションショーなんかも社屋内でやったことあるらしいです。うちの農園だったら「恥ずかしいし、そんなことまでせんでも~」となりそうですが、見学する立場では『やっぱおしゃれ!』と感心してしまいます。肝心な栽培施設の部分はサラッと流され、テスト栽培のハウスでいろいろなものを見せてもらいました。今回はバーン社長本人にお会いできなかったのが少し残念ではありましたが、企業理念でもある『“美”の追求』のダイナミックさに終始圧倒されました。


24回の閲覧

最新記事

すべて表示

寒くなりました。

今週はしっかり寒くなりました。あと二日ほど冷え込み、その後来週にかけてまた気温が上がって来るようです。今月の出荷ピークまであと10日あまりです。寒さと共に緊張でピリッと引き締まる日が続いています。 さて、先日のこと。僕が若い頃に行った海外研修制度の、今年度の帰国生報告会に行って来ました。男1名女1名の計2名が22カ月のアメリカ研修より帰国しました。一人はハワイのコーヒー園での研修を報告しており、コ

福岡マラソン2019

表紙写真の怪しい光はなんだかおわかりでしょうか?ピンクのような紫のような、これらの光は植物の成長に有効な赤色や青色の波長を出すLEDの光です。現在の農業用ビニールハウスではそんなにめずらしい傾向ではなくなってきましたね。うちでも今年から使っています。プチリーフやマイクロリーフの栽培で、平置きでは場所が足りなくなったので棚で栽培するようになったのですが、初めから懸念していたとおり、下段の中央付近では

秋の収穫

朝夕はだいぶ冷え込んできましたが、日中はまだ20度に達するほどの陽気が続いています。9月上旬の長雨で露地野菜が出遅れた分をここで取り返したいものですが、やっぱりそうもうまくいきません。野菜を見ているとかなり生育が遅れています。このままいくと今年は満足いく成長は期待できないようです。そんな中、初めて目にする野菜があります。オカです。九重に作っていましたが、ようやく色鮮やかなオカ芋が見えてきました。す

 

有限会社 久保田農園

819-1304 福岡県糸島市志摩桜井5124・www.kubotafarms.com 

Copyright © 2016 Kubota Farms, Ltd.  All Rights Reserved. このサイトの全ての内容(デザイン、写真、文を含む)の著者権は有限会社久保田農園にあります。